スウェーデンクローナの推移は? スウェーデンクローナでFXチャート・スワップ金利トレードで稼ぐ為替投資



・スウェーデンクローナ/円 日中チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 5日チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 3カ月チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 1年チャート スウェーデンクローナ/円

スウェーデンクローナと証券会社

投資と聞くと、証券会社と言うことになります。

株、FX、投資信託などあらゆる投資に関しては、証券会社が頼りになりますが、スウェーデンクローナというと、証券会社の中でも限られたものしかないのが現状です。

また、スウェーデンクローナに関しては、株と投資信託は扱われていません。

スウェーデンクローナの投資信託だけは、単独ではなく、数カ国一緒のものが一部の証券会社で取扱われていますが、後はFXでは3社ばかりがスウェーデンクローナFXの取扱をしているのみです。

スウェーデンクローナはマイナー通貨の上、流通も少ないことから、ちょっとしたことで動向が激しくなるということがあります。

しかし、人気の通貨のように盛んな取引というのはスウェーデンクローナについては皆無で、急落後の急騰で二度おいしいというわけにはいかないようです。

証券会社でお世話になるFX、スウェーデンクローナに関しては、静かな動き、でも世界的な有事にはがたんとくるよという感じです。

スウェーデンクローナの時系列を見よう

スウェーデンクローナの数年前からのレートを見る場合、チャートもいいですが、時系列でチェックというのも役立つ情報です。

時系列とは、高値、底値、始値、終値を数字で羅列した表ですが、それをみると、区切った期間でスウェーデンクローナのレートの変化がわかります。

具体的な数字なので、チャートで計算するよりも数字がすぐ分かるのが時系列のよさでもあります。

スウェーデンクローナ/円のレートは、2003年くらいから約1円の幅で上昇しています。

とても堅調なチャートでしたが、昨今のサブプライムローン問題で、急落という場面に陥りました。

これも時系列で見ると、底値ということで表記されることですが、数年たってスウェーデンクローナ時系列をみて、あの底値はと納得するものです。

これが底値として、スウェーデンクローナの上昇が再び気流に乗ることを願います。

スウェーデンクローナの価格推移

マイナー通貨の小さな市場ときたら、サブプライム爆弾にやられましたスウェーデンクローナ

あれよあれよという間に価格が下がっていきました。

2008年には18円だったスウェーデンクローナですが、爆弾投下で一気に11円になり、これは2002年以来の価格低下となっています。

このようにスウェーデンクローナのような小さなところは、大国の情勢で大きく価格を上下させるということです。

もしかして、スウェーデンクローナに投機目的でマネーゲームの資金が流通をしたのなら、反対に一気に暴騰ということもありえますが、その後の価格の急降下は見苦しいものさえあります。

価格に左右されないよう、余裕資金でのスウェーデンクローナ/円のFXをお勧めします。

スウェーデンクローナを予想する

為替相場での予想はもなかなか難しいです。

過去のチャートから読み取れるものはあるものの、スウェーデンクローナが18円から11円に一気に下落した10月のチャートを予想した人はいるでしょうか?

毎日のドル/円にしても、評論家たちが100円は切るでしょうとは言っても97円ですとはいえないものです。

スウェーデンクローナ/円のような穏やかなチャートの場合は、まさかここまでということを考えてしまうので、下げ止まりの予想はきわめて難しいといえます。

スウェーデンクローナ/円に限らず、FXなどの投資に関しては、余裕資金が必要と言われる所以です。

しかし、お金が絡むと、予想よりも欲求が勝ってしまう瞬間、スウェーデンクローナの下落予想も見えなくなり、ということがあります。

ですから、自分でルールを作成し、それを守るという自己コントロールが必要となってきます。

スウェーデンクローナ/円、予想、今度はどう読みます?

スウェーデンクローナの推移は?

スウェーデンの最大の輸出相手国、ユーロの景気の推移によって、スウェーデンクローナの推移は大きく変わります。

2000年から2001年にかけての欧州低迷期は、スウェーデンクローナもどん底にいましたが、ユーロ高をうけ、スウェーデンクローナの推移も順調な動きをしていき、設備投資の個人投資に支えられ、その後の推移も好調です。

スウェーデンといえば、ボルボやエリクソンといった堅調な企業があることから、経済の推移は順調です。

ただし、ユーロにしても米ドルの推移に関係してくることから、スウェーデンクローナも米ドルの推移に影響してきます。

スウェーデンクローナのようなの小さな市場では、意図的な資金が流れ込むとすぐにチャートの推移は変わります。

普段は安定してるスウェーデンクローナですが、ここのところのドルの不安定な推移を見ると、スウェーデンクローナも注視が必要でしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。