スウェーデンクローナの政策金利は? スウェーデンクローナでFXチャート・スワップ金利トレードで稼ぐ為替投資



・スウェーデンクローナ/円 日中チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 5日チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 3カ月チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 1年チャート スウェーデンクローナ/円

スウェーデンクローナ中央銀行について

スウェーデン国立銀行は世界で最も歴史のある中央銀行です。

1668年に誕生したスウェーデン国立銀行ですが、スウェーデンクローナの中央銀行としての役割を果たすようになったのは、1897年からです。

その中央銀行が政策金利を決めるわけですが、現在のスウェーデンクローナは2.00%。

金融引き締め政策から、利下げが続いているスウェーデンクローナです。

スウェーデンクローナ債券などでは、各国からの信用を失墜している状態で、経済は安定しているように見えるものの、実態はかなり厳しいかもしれません。

数年前に金融危機を経験しているスウェーデンですから、同じ過ちは犯さないということですが、インフレも気になりますし、スウェーデンクローナを取り巻く環境はどうでしょう?

スウェーデン中央銀行の次なる策は?

スウェーデンクローナの政策金利について

スウェーデンの政策金利は、中央銀行が行い、現在、2%となっています。

これは、2008年10月に政策金利を0.5ポイント引き下げ、12月に1.75ポイントも大胆に下げました。

スウェーデンクローナが不安定というわけではなく、世界の金融危機の国内経済への影響を緩和するためのものです。

米国で起きたサブプライム問題が、スウェーデン経済にも影響があり、スウェーデンクローナも大きく下落を見ました。

スウェーデンクローナは過去の教訓から、金融危機が深まり不況の兆しがみえており、消費者物価は先行き下落するものと予測され、今回の政策金利の利下げとなりました。

政策金利の利下げの効果で景気が急激に回復し、消費者物価が上昇すれば利上げの必要が起きてくるかもしれないとしているスウェーデン中央銀行です。

一時的なスウェーデンクローナの下落ですが、スウェーデンクローナの完全復活の日はいつになるでしょうか。

スウェーデンクローナの金利は?

2008年10月の世界の為替市場の嵐は台風並みの大きさでした。

世界同時株安という事態も2006年にありましたが、それ以上にあちこちの傷跡が目立ちました。

世界の株価の下落が続く中、スウェーデンクローナの金利は0.5下がり、政策金利は3.75%となりました。

このときは、アメリカ、カナダ、ECB(ヨーロッパ)、イギリス、スウェーデン、スイスの6カ国が協調して行われました。

実はスウェーデンクローナは、その前に0.25%の金利を上げたばかりでした。

しかし、スウェーデンの金融機関は問題はありません。米国の嵐に巻き込まれなかったわけではないですが、金利の引き下げに関しても、スウェーデンクローナには直接影響がないくらいです。

スウェーデンクローナは、ドルよりもユーロの影響をまともに受けます。金利などの動向も同じことです。

短期的な状況打破のための金利の利下げだと思いますが、今後のスウェーデンクローナの金利の動向は不明です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。