スウェーデンクローナ建て債とは? スウェーデンクローナでFXチャート・スワップ金利トレードで稼ぐ為替投資



・スウェーデンクローナ/円 日中チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 5日チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 3カ月チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 1年チャート スウェーデンクローナ/円

スウェーデンクローナファンドについて

スウェーデンクローナファンドというものは今のところ海外ファンドで単独のものはありません。

ユーロ圏に投資をする形でのファンドですと、スウェーデンクローナも含まれているといった形でのファンドのみがあります。

ユーロ圏の一つ一つの国は、それほど規模も大きくなく、市場にしても小さいものが多いですから、ファンドにしても数カ国というものが多いのは当たり前です。

有事の際には、世界中の通貨が荒れますが、スウェーデンクローナも同等の程度のもので、特別良いわけでも悪いわけでもありません。

しかし、あるファンドで、スウェーデンクローナの代わりにデンマークの債券が取って代わられるなど、債券的には危険な香りもするスウェーデンクローナですが、今後と見通しを見守るとしましょう。

スウェーデンクローナ建て債券について

南アフリカランド建て債券は高金利のもので、マイナー通貨ながら人気がありますが、スウェーデンクローナ建て債券はあまりありません。

高金利ソブリンファンドにもスウェーデンクローナ建て債券は組み込まれていましたが、先行き不安定なスウェーデンクローナ建て債券ははずされてしまうという事態に陥っています。

国そのものはそれほど不安定はないですが、為替相場ですぐに反応してしまうスウェーデンクローナの小さな市場は、債券市場においても不安定さがあります。

しかし、スウェーデン国内のスウェーデンクローナ建て債券1年未満の短期のものは人気があるようです。

世界の情勢で大きく変わるスウェーデンクローナ建て債券、リスクは当然ありますが、今の金利が3.75%。

どう判断されますか?

スウェーデンクローナ建て債について

高金利のソブリン債は、先進国の通貨建て債に投資するものですが、2008年に入りスウェーデンクローナ建て債が外されるという現象が起こっています。

これはリスク管理の見地から、スウェーデンクローナ建て債の見込みがないということです。

スウェーデンクローナは小国ながらも頑張っていますが、スウェーデンクローナ建て債から出る利益の見通しがきかないということです。

2008年に入ってからの利下げが続くなど、スウェーデンクローナを取り巻く環境は悪くなっていることは確かです。

今後の行方次第では、またスウェーデンクローナ建て債がファンドに組み込まれる可能性は高いです。

スウェーデンクローナ建て債のこれからに期待です。

スウェーデンクローナ国債の教訓

日本は国債王国となっていますが、この先多くの国債を発行すると過去のスウェーデンクローナと同じ悲劇を生むこととなります。

スウェーデンは1992年に財政危機を乗り切るために大量の国債を発行しましたが、国策の結果が見えなく、にっちもさっちもいかなくなりました。

そして、スウェーデンクローナも大暴落となりました。

しかし、スウェーデン政府は国民が納得する形で、増税ということで国債の件、経済をも解決をしました。

このスウェーデンの教訓は、現在でも語りつがれていますが、今ではスウェーデンクローナも安定をしています。

一時的な変動はあるものの、スウェーデンクローナは安定通貨としての認識されている通貨の一つですが、市場が小さいため、ユーロやドルの急変場面にあっては、また国債の必要性が迫られるときもありますが、二度と同じ失敗しないことでしょう。

スウェーデンクローナ債券はいかに?

スウェーデンクローナ債券を組み込んだファンドで、スウェーデンクローナが抜かれるというファンドがありました。

スウェーデンクローナの代わりにデンマークが債券に組み込まれました。

これは、スウェーデンクローナの先行き不安を案じたもので、デンマークはユーロとの関係がしっかりしていて、独自の動きといえでも、ユーロに追随している形です。

しかし、スウェーデンクローナの景気減速懸念や下落に対応する政策が、今のままでは不安ということで、債券から抜かれる結果となりました。

慢性的インフレなどが続くスウェーデンで、唯一の利上げがインフレ防止策でしたが、相次ぐ利下げが続いているスウェーデンクローナ

債券としても不安材料を抱えての運用は困難との判断なのでしょう。

実際、マイナー通貨が組み込まれている債券、償還の時にはマイナスということも大いに考えられます。

スウェーデンクローナ債券について

世界の為替の混乱は、大国には大きな影響を与えることは当たり前です。ですが、小さな国へも深刻なものもあります。

磐石な経済国であれば、破綻なんていうことはありませんが、債券市場などに影響を与えます。

リスクが低い債券といえば、やっぱりスウェーデンクローナでも国債です。

特に満期が1年未満のスウェーデンクローナの短期国債に人気が殺到し、市場価格が高騰しています。

9月下旬には需給バランスが崩れて、値段がつけられない事態が発生し、スウェーデンクローナ債券の取引が一時的にストップされたほどです。

これは、ローン利率が上がっていることも、スウェーデンクローナ債券市場に注目が集まることです。

それは、スウェーデンクローナ債券価格と利率が反比例することに起因があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。