スウェーデンクローナの為替レートは? スウェーデンクローナでFXチャート・スワップ金利トレードで稼ぐ為替投資



・スウェーデンクローナ/円 日中チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 5日チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 3カ月チャート スウェーデンクローナ/円

・スウェーデンクローナ/円 1年チャート スウェーデンクローナ/円

SEKのレートは?

2003年からのSEK/JPYのレートは、一年1円ずつ上昇し、2008年には1SEK18円というレートをつけました。

それまでのチャートからいくと、2009年には1SEK19円のレートといきたいところですが、サブプライムローン問題での世界的な通貨不安でなんと1SEK11円というレートになってしまいました。

この下落は、SEKばかりではなく、穏やかといえるチャートでも、何かの拍子に下落を見るといった為替の鉄則にぴったりの状況でした。

冷静に考えるとこのレートは、当たり前の動向ということになりますが、ポジションを持っていると慌ててしまうのが現実です。

普段の1SEKのレートは落ち着いていますが、このような最悪なシナリオもあるということを知っておくとこの先の投資も慎重になります。

スウェーデンクローナ/円の為替レート

スウェーデンクローナ/円為替レートは、順調に上昇しています。

堅調な推移で、毎年1円ぐらいずつ為替レートが上がっています。

何もなければきっとそのままのスウェーデンクローナ/円為替レートですが、米国で起きたサブプライムローン問題で世界的な通貨が下落したとき、やはり大暴落となりました。

一時的な暴落と観測もできますが、何時になった回復するかは分かりません。

スウェーデンクローナ/円為替レートに限らず、為替レートの動向は先が読めないものです。

しかし、スウェーデンクローナ/円為替レートは、直接の関係も薄いことから、世界情勢が収まれば、何もなかったような推移になると思います。

FXなどの投資に関しては、もしかしたらの危機管理をしっかりすることによって、スウェーデンクローナ/円為替レートのような波風立たない投資でもリスク管理だけはしっかりと。

スウェーデンクローナ/円為替について

日本で余り馴染みないスウェーデンクローナですが、スウェーデンクローナ/円のFXもできます。

現在の為替は1スウェーデンクローナは11円。

この11円というのは、はっきり言って買場かも知れません。

実は、1ヶ月前ですと、18円のスウェーデンクローナ/円為替でしたが、世界の通貨の低迷で見事に下落をしています。

為替の動向は、思いもしないことになることが多いですが、今回のこの大暴落は、とんでもない被害をスウェーデンクローナは被りました。

円為替でも、かなり混乱をしていましたが、スウェーデンクローナ以外との円為替でも、大変だったと思います。

小さな市場ではありがちな大暴落、その後に大暴騰がくるかどうかは、スウェーデンクローナ/円為替の動向に注目です。

スウェーデンクローナ/ドル為替

スウェーデンの最大の輸出国はユーロ圏ですが、アメリカなどにも輸出をしています。

機械工業や科学、林業などの産業発達など優れた技術力を背景に、輸出が国の経済を支えています。

輸出入となるとスウェーデンクローナ/ドル為替が関係してくることですが、ここのところのドル為替の動向にスウェーデンクローナも振り回されている状態です。

2008年に入り、ドル為替を中心に、為替相場の変動が大きく、スウェーデンクローナのような小さな市場では、もろに影響を受けます。

ユーロだけを気にしていてはスウェーデンクローナの動向はつかみきれません。

やはりドル為替の動向で、スウェーデンクローナも左右されてしまいます。

これはスウェーデンクローナ/円のFXなどにも関係してくることで、今後ともドル為替の動向に注意が必要です。

スウェーデンクローナと円レート

スウェーデンクローナ円レート現在11円。

基本的にスウェーデンクローナ/円レートは穏やかな流れとなっていますが、米国でのサブプライム問題において、スウェーデンクローナは大きな打撃を受けました。

今回の打撃は、全ての通貨が受けたものですが、スウェーデンクローナのようなマイナー通貨の場合、その被害は大きなものとなっています。

普段はユーロに影響を受けるスウェーデンクローナですから、通常はユーロの動きに注視ですが、ドルも見逃してはいけません。

スウェーデンクローナ/円レートにしても、この問題が落ち着けば、下落幅も小さくなると思います。

スウェーデンクローナは小さな市場ですから、そのようなところでの投資は世界的な有事の際は円レートも大きく変わるということが証明されました。

今後もスウェーデンクローナ/円レート、注視しましょう。

スウェーデンクローナのレートとは?

ユーロ圏にいながら、国民投票によりユーロ導入に至らなかったスウェーデン。

スウェーデンでは、独自通貨スウェーデンクローナを使用しています。

スウェーデンクローナは、ユーロを導入するの条件を一定以上クリアした段階で、将来的にユーロを導入できる準備が整ったとされヨーロッパ為替相場メカニズム(ERM)が導入されます。

スウェーデンクローナのレートは対ユーロの変動幅を中心交換レートから上下2.25%内の変動に維持する政策をとっています。

スウェーデンクローナのレートの動きは実質ユーロのレートと同じということになります。

ですから、スウェーデンクローナのレートを探るのは、ユーロのチャートやレートを参考にその動向を知ることが良いでしょう。

スウェーデンクローナの為替レートについて

2008年10月前後の為替レートに関しては、短期的な動きがあるため、一時的な暴落や急騰をしている為替レートが多いです。

スウェーデンクローナに関しても同じことが言えます。

世界的な金融危機という緊急事態がおき、ヘッジファンドが大移動をし始めると、一気に為替レートがやたらにおかしい動きをします。

それは、投資先に大きな市場を持ってくるという時点が起こるため、スウェーデンクローナのような小さな市場は、一時的な犠牲になってしまうため、為替レートが極端に下がってしまうという現象がおきます。

スウェーデンクローナ/円にしても、1ヶ月で6円も下がってしまった為替レートです。

今、スウェーデンクローナ/円のポジションを持っている方、余裕資金のほうは大丈夫でしょうか?

為替レートの急変は市場が小さいほど大きなものとなりえることが多いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。